鬱病を治療するには│充分な休養が何よりも大事

間違えられやすい病気

医師

新型鬱病は別名で非定型鬱病とも言われています。新型鬱病は他の病気にも間違えられやすく、度々パニック障害や人格障害、自律神経症状と間違えられることがあります。パニック障害はストレスが原因で起こる病気の一つで、ある日突然に呼吸困難や動悸、めまいや手足のしびれが発生します。いきなり色々な症状が出るため、「死んでしまうかもしれない」と思ってしまうことからパニック障害という名称がつけられました。新型鬱病に伴って起きやすい病気で、初期症状としてパニック障害の症状が出て、後に新型鬱病となってしまうパターンも多いです。新型鬱病とパニック障害は密接な関係にあり、交互に症状が現れる場合もあります。人格障害では極端に感情の起伏が激しくなり、問題行動を起こしてしまう症状のことです。感情のコントロールが難しく、衝動に任せて暴力や過食に加えてリストカットなどの自傷行為に走ることもあります。これは新型鬱病で起きる気分反応性や拒絶過敏と似たような現象であるということから、新型鬱病と間違えられやすくなっています。新型鬱病でも気分の上がり下がりが激しいといった特徴があり、また人から注意や軽い否定をされただけでも自身の全てを否定されたようになって落ち込み、結果として問題行動に走るといった症状が出ます。新型鬱病と人格障害の大きな違いは、人格障害は根底に空虚感や不安を抱えているという点です。新型鬱病の場合、病前はしっかりしている人であることが多いです。他にも自立神経症状があって、これはストレスが原因となるために新型鬱病の初期症状でも同様の現象がでます。判断のためには経過観察を行い、探っていく必要がでてきます。

TOP