鬱病を治療するには│充分な休養が何よりも大事

鬱病になる原因は

ハートを持つ人

現代日本はストレス社会ともいわれていて、年々鬱病になってしまう人は増加しています。鬱病には大きく分けて環境が要因である場合と、身体的な問題が要因である場合があります。環境要因では大きく分けて、人間関係のトラブルや仕事環境のトラブル等が挙げられます。人間関係のトラブルでは家庭内不和や家族や親族の死亡などが主な原因として挙げられます。仕事環境では上司や部下との関係性から日々の残業に適切な休日が貰えない場合まで様々です。仕事環境は特に重要で、仕事疲れなどからくる慢性的な疲労は身体的な問題の要因にも含まれます。身体的な要因で他によく挙げられるのは、ホルモンバランスの変化や女性特有である月経前や出産後などです。男性に比べて特に女性は体の仕組みから体調や精神が不安定になりがちなので、鬱病になってしまう危険性が高いです。また、こうした要因からくるストレスも、鬱病の大きな要因となります。ストレスは精神だけではなく肉体的にも負荷がかかってくるもので、ストレスから頭痛や吐き気などを発症してしまう場合があります。そのため、ストレスは溜め込まないことを常に意識して、吐き出したり発散させたりするようにしましょう。そうすることで、鬱病となる大きな原因の一つであるストレスの蓄積を予防することが出来ます。他にも、環境の変化からくるストレスもあります。これは失業や身近な人の死亡などの悲しい出来事だけではなく、結婚や引っ越しなどの新生活による環境の変化でもストレスになってしまう場合があるので注意が必要です。様々な要因から考えられる鬱病のリスクですが、鬱病にはなりやすい人というものが存在します。生真面目な人や社交的な人、親切な人などの「いい人」が鬱病に陥りやすいとされています。いい人というのは周囲からの信頼や期待などの重圧も大きく、それを達成できないことで周りを失望させてしまわないかといった不安感を持っている人も多く居ます。鬱病を防ぐためにも、上記で述べたようにストレスをうまく発散させるようにし、最近体調に変化はないか意識してチェックするなどの習慣をつけると良いでしょう。

TOP